コンドームなしでのセックスは性病の原因に

  • HOME »
  • コンドームなしでのセックスは性病の原因に

最近では始めて性体験をしたのはいつ?というアンケートに対して、小学生の時。なんていうことを答える人たちも多くなっているので、どんどん早熟になってきてしまっています。
しかし、あまりにも早いうちから経験してしまっていると、性病に対しての脅威や予防といった知識が不十分なままにことに及んでしまうことが考えられるので、注意が必要と言えるでしょう。

どこで買えるのか

高校生になってくると人によっては彼女もできることになりますし、10代の男子ということになると一日中性的なことばかり考えているものなので、当然のことながらセックスをしようとします。
しかし、ホテルに行くとしてもお金をあまり所持していないということにもなりますし、コンドームを着用しなければいけないという知識だって不十分だと考えることもできるでしょう。
避妊具というのはコンビニ等でも簡単に買えることにはなっているので、事前にしっかりと知識を得ておくことによって、性行為をする時にも避妊と性病の予防をすることができます。

誰とでも寝るような女がいるらしい・・・!ということを聞いたら自分ともセックスしてくれないかな・・・。ということを思ってアタックするかもしれませんが、うまくいったとしても注意が必要です。
不特定多数の異性と交わっているということはそれだけ性的な病気になってしまっているというリスクが高くなってくるものですし、自分自身も苦しむことになるかもしれませんよ。

きちんとつけること

せっかく良い雰囲気になることができたのに、ゴムを持っていない・・・!ということになったとしても、ほとんどの男性が性欲に負けてしまって着用せずでの挿入を試みてしまいます。
しかし、そのようなことばかりしてしまっていると相手を妊娠させてしまうことになるかもしれませんし、病気になってしまうといったことも考えられるので軽率な行動は慎みましょう。
生物的な本能に抗うということは非常に難しいことになってしまうかもしれませんが、学生のうちから彼女を妊娠なんてさせてしまったら将来の夢だって台無しになるかもしれません。

してみたいけれども、今日はやめておこう・・・。といった判断を冷静に下すことができる人ほど、人生の勝者になると予想することもできるのでその場の雰囲気に流されないようにしましょう。

軽く考えない

もしも性的な病気になってしまったのだとしても、薬で簡単に治療することができるならば別にいいじゃないか。なんていうことを考えているのだとするならば大きな間違いです。
確かに技術の進歩医によって治療も容易くなっていると言うことができますが、それでも発症してしまったら激痛に襲われるということもありますし、後遺症だって出てくるかもしれません。
将来的にいざという時に不能になってしまう。という可能性も出てきてしまうということができるので、病気になってしまうとたくさんの人たちに迷惑を掛ける結果になると知ってください。

普段からしっかりと予防は大事!ということを意識しているのだとするのならば、不用意な行動をすることもなくなってくると思われるので、心に刻んでおくことにしましょう。

PAGETOP
Copyright © 性病完全バスター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.